早朝のシモバシラ

早朝のシモバシラ

昼過ぎのシモバシラ

昼過ぎのシモバシラ

 

厳しい寒波襲来で気温が氷点下に下がったので、新宿御苑のシモバシラに氷の華が咲きました。

シモバシラは山野にはえるシソ科の多年草植物で、秋には多数の白色の小さな花をつけます。

晩秋には葉を落とし枯れますが、茎には水を吸い上げる導管があるので根から水を汲み上げています。

地上の気温が氷点下になると根から吸い上げた水は、茎の裂けめから滲みだし氷の結晶をつくります。

因みに霜柱は、地中の水が土の間の隙間から地上に上がり、氷の結晶となったものです。

日中の気温が上がるに従って、氷の結晶は融けて小さくなります。

写真は、氷の結晶の早朝と昼過ぎの大きさを比較したものです。

 

 

 

 

2+